鏡で見るたびに精神的に辛くなるのがシミの悩み、、、

このシミを薄くするために、使い始めているのがトランサミンです。

シミの原因であるメラニン生成を根本から抑えてくれます。そのために、今あるシミを薄くしてくれるわけです。

トランサミンは美容クリニックで販売されていますが、このような悩みがあります。

・価格が高い、、、
・毎回のように足を運ばなくてはいけない、、、

そこで利用したいのがインターネット通販です。
美容クリニックよりもトランサミンを安く、そして送料無料で購入することができます。

「トランサミン250mg」詳細・購入について>>
「トランサミン500mg」詳細・購入について>>

 

シミの悩みは本当に辛い

顔のシミさえ消えてくれれば、私の人生はガラリと変わり楽しい日々に変わるはず。
これは核心をついても良いと思います。

まあ、性格にもよるとは思いますが、私は外に出るとどうしても人の目が気になって仕方がありません。

そのために、ついついお肌には人一倍もこだわりが出てしまいます。

そのお肌の中でも、顔の両頬にシミの肝斑に悩まさるようになりました。

肝斑は20代後半に発症し、30代に入ってからかなり目立つようになりました。

そのため、外出前は化粧のベースメイクは、このようなこだわりで肝斑を徹底的に隠すようにしています。

  • 肝斑部位だけコンシーラーたっぷり
  • ファンデ厚塗り
  • 他の部位と意外ときれいになじませる

化粧をするときもできるだけ”あつあつ化粧”にまわりから見られないように”薄く薄く”塗るように心がけています。

化粧の力を借りることで、肝斑などのシミを消すことが出来るために、それなりに自分や周りの人をごまかすことはできます。

しかし、30代(前半)で、正直すっぴんには自信がありません。

このような肝斑などのシミの悩みは今に始まったわけではありません。

約5年ほど前にさかのぼります。

顔の頬、目の下の周辺に薄黒いシミが現れるようになり、初めてその頃から肝斑の存在を知りました。

なんと肝斑を悪化させないようにするために、または薄くするために、美白のケア用品ににこだわるようになりました。

ケアは外側だけでなく、内側である食事やサプリによる栄養もしっかりと心がけていました。

でもでも、待てど暮らせど肝斑の薄黒いシミ攻撃の跡を消すことができず、むしろどんどん攻め込んできているのに、指を加えて待っている状態でした。
ある程度、同じくらいの年齢(20代後半~30代前半)の方なら、多少はシミの悩みを抱えているかもしれません。

しかし、私の場合は肝斑シミが濃すぎる、多すぎるような気がしますから。

鏡を目の前にして、考え込んでも仕方がないのですが、ついつい考えてしまいます。

「なぜ、わたしだけ?」
原因はおそらく、精神的な部分がきっかけなのかも?
もともと私は精神的に弱いタイプの性格だと思います。

だからといって、シミが濃くなるとは関連性はないとは思いますが、私の場合は23歳の時に、自殺したいくらい悩んでいたことがありまして、それが理由で約2ヶ月ほど四国八十八箇所めぐりをしたんです。

「なぜ四国八十八箇所回りに行ったのか?」
正直なところ「これだ!」という理由はなかったんですが、ただ言ったことのないところに行きたいという淡い気持ちで言った場所が四国だったんです。

精神的に、「もうなんでもいいや~」くらいの弱精神だったので、当然のように、日焼けやシミ予防はノーアイテムでした。

そんな私に太陽からの紫外線ビームで外的刺激をガンガンに受けていました。
※スタートしたのは7~9月にかけてた一周しました。

現在のところ、精神的に深刻に苦しむほど悩んだりすることはありません。

これは良かったと思いますが、四国でがんがんに太陽の紫外線ビームを受けたことが影響して、これが肝斑に影響しているのではないかと推測しています。

「も~30代なんだから、あきらめても良いんじゃない」
そんなことを、もう一人の私が、私に耳元で囁いてくるんですが。
私は負けたくないんです。

何度か、諦めようとも思ったんですが、やはり少しでも良いのでお肌をきれいなしたい、取り戻したいという子持ちはあります。

お肌がシミが肝斑が少しでも薄くなり、綺麗になると、1日1日の気分が変わりますから。

そんなおり、インターネットでいろいろと情報を探している時に見つけたのがトランサミンです。

私が悩んでいる肝斑に対して、トランサミンを服用することで、薄くする効果が期待できるとのことです。

トランサミンの効果で肝斑を薄くしてくれる

というかトランサミンってなに?
もともと私もトランサミンについては理解していました。

しかし、あくまでも国内タイプ(トランシーノ)であり、まさか外国産をインターネットで購入できるとは知りませんでした。

ではではまず、トランサミンの基本から少しずつ説明をしていき、最後らへんに国内産と外国産のトランサミンについて話をしていきたいと思います。

ではGo!

トランサミンが肝斑の攻撃の跡を薄くする仕組み

トランサミンとはどのようなことが理由で肝斑などのシミに効果が期待できるのか?

少しづつ掘り下げてお話をしていきたいと思います。

もともとトランサミンは、出血を止めるためのお薬で「止血剤」として医療現場で使われていました。

現在でも止血剤として使われていますが、副作用で肝斑が薄くなることがわかり、美容関係などでで利用されるようになりました。
この薬を使うことで、新たに他の作用が見つかる例はよく聞きますよね。

たとえば、まつげを伸ばすケアプロストやミルガンも、同じように最初は眼圧を下げる緑内障の目薬として病院で処方されていました。

しかし、ケアプロストなどをさすことで、副作用でまつ毛が長く伸びたり太くなることがわかり、グラッシュビスタが発売されるようになりました。
話を戻しまして、トランサミンの作用で肝斑を薄くする効果が期待できますが、ではなぜ肝斑は私たちのお肌にできてしまうのでしょうか?

このシミの部分も少し説明し、その後にトランサミンの効果につなげていきたいと思います。

なぜ肝斑になってしまうのか?

まず肝斑の原因について少し説明をしたいと思います。

肝斑は「ほお骨、目の周り」をそって、左右対称に出来るシミのことです。

美白ケアや紫外線予防を毎日のようにかかさず行っても発症することがわかっています。。

というのも、肝斑によるシミの原因は、外側の紫外線の影響だけでなく、内側も大きく関係してくるからです。

ただし、現段階で断定できるというレベルではありません。
医学の中でも「これじゃないのか?」と言われているのが女性ホルモンの減少です。

女性ならある程度の知識があると思いますが、女性ホルモンの減少は、個人差はあるものの30代から40代にかけて起こりやすいことがわかっています。
それから、女性ホルモンの減少は年齢関係なく「妊娠、低用量ピルの長期間服用」でも起こります。

特に一昔と違い、低用量ピルを服用している女性は増えています。
理由としては、生理痛や出血など和らげるためです。

低用量ピルを20代前半から服用を始めると、早い段階で肝斑が起こる可能性も十分考えられます。

低用量ピルを服用することがけっして悪いことではありません。
先程話したように、生理痛や出血などを和らげることは、日々の生活の中ではかなり大きな存在。

しかし、副作用が起こることも十分に理解した上での長期間の服用を理解しておくことは大切です。

女性ホルモンの分泌が減少で肝斑

そもそも女性ホルモンが影響することで、なぜ肝斑が起こるのか?
ここで関係してくるのが、女性ホルモンの増減です。つまりバランスが崩れてしまうことです。
女性ならご存知かもしれませんが、女性ホルモンには主に2種類のホルモンがあります。

  • エストロゲン
  • プロゲステロン

生理後の卵胞期から排卵期まで分泌が高まるのがエストロゲンです。
排卵期以降に分泌が高まるのがプロゲステロンです。

この2つの女性ホルモンのバランスがよく排出すれれば、悩むことなくお肌や生理痛、量、においなども大丈夫です。

しかし、年齢などが影響することで、女性ホルモンが過剰に増えたり、減少することでシミの原因になります。

特に関わってくるのがプロゲステロンです。

プロゲステロンが多すぎることで、メラノサイトを刺激してしまいます。

すると、プラスミンと呼ばれるタンパク質分解酵素がメラノサイト活性化を増やしてしまい、これが肝斑の原因です。
そこでトランサミンの効果になります。
トランサミンは、必須アミノ酸リシンを元に合成されたアミノ酸で、メラノサイト活性化を増やすプラスミンの活性化を抑える抗プラスミン作用が期待できます。

このトランサミンの作用が肝斑を薄くする効果が期待できます。

トランサミンは女性ホルモンだけの効果ではない

それからもう一点、先ほどお話した流れによると女性ホルモンの低下により肝斑が起こるためにトランサミンが効果的ということになります。

しかしトランサミンは抗プラスミンを抑制する効果が望めます。

この部分がとても重要です。

プラスミンは肝斑の原因だけでなく、紫外線により活性化することで染みができたり、他にも皮膚の炎症や肌荒れを起こす働きもあります。

そのために、トラネキサム酸は肝斑の改善にスポットを当てるのではなく、幅広いシミを消す作用が期待できるということになります。

トランサミンの内服薬はどこで購入するのか?

テレビで一度はトランシーノのCMを拝見したことがあるのではないでしょうか?

トランシーノの主成分にはトラネキサム酸が含まれていますので、肝斑を薄くする作用が期待できます。

そして市販薬として許可されているために、ドラックストアーやネットで気軽に購入することができます。

それだったら問題なく、悩んでいる肝斑が消えるまでトランシーノの力を借りればいい話。

しかし、病院から処方されているような薬のようにけっして安くはありません。

 

トランシーノの価格
1箱の容量 1箱の価格 1日の価格
60錠(15日分) 約1,800円 120円
120錠(1ヶ月分) 約3,400円 113円
240錠(2ヶ月分) 約6,300円 105円

・1錠=185mgのトランシーノ(主要成分トラネキサム酸)
・1日の服用量=4錠服用(トラネキサム酸750mg)

そこで利用したいのが個人輸入代行サイトを利用し、海外で販売しているるトラネキサム酸の医薬品を購入する方法です。

個人輸入代行とは、海外の製品・医薬品などを個人が取り寄せて購入することを言います。

個人で日本以外の医薬品などを購入する場合は、「言葉、ルール、法律」など様々な壁が邪魔をして、仕入れたいものが輸入できないために、専門の代行業者を間にはさみ、購入します。
というか、わざわざ海外で製造された医薬品を、国内に輸入する意味はあるのか?
ということになるのですが、単純に価格が安いからです。

例えば、インターネットでトラネキサム酸を販売してくれる個人輸入代行サイトがありますが、輸入するとこれくらいの価格になります。

トランサミンの価格(例:オオサカ堂)
1箱の容量 1箱の価格 1錠のトラネキサム酸
100錠 約2,200円 250mg
100錠 約4,000円 500mg

 

同じトラネキサム酸なのに、容量や価格が日本と違うのは、製造が海外だからですね。

海外で製造されているために、価格も円安ドル高などで微妙に変わることもあります。

もし価格の安さを追求してトラネキサム酸を購入したいと考えている人がいたら、個人輸入代行サイトを利用し、購入するのも一つの手段だと思います。

「トランサミン250mg」詳細・購入について>>
「トランサミン500mg」詳細・購入について>>

海外の医薬品は抵抗があるかな~

ちょっと海外の医薬品であるトラネキサム酸には抵抗があるかな、、、と思う人は、まずは市販薬のトランシーノを無難に使うのが良いと思います。

というよりも、かなり悩んでいる人がいたら、病院の皮膚科で観てもらったほうが良いと思います。

美容クリニックの場合、たとえ肝斑を消すため

わざわざ海外の海外の

個人輸入の場合は、直接現地の企業や店舗とやりとりを行い、注文・購入することになります。

つまり国境を越えた形で取引を行うことになるのです。