紫外線と聞くと体に悪い印象があります。しかし、紫外線を受けることで、体内にビタミンDを増やすことで、セロトニンやノルアドレナリンの栄養分になることがわかっています。

「だったら紫外線を浴びることは良いのか?」というと、過剰に紫外線をえることで、シミの原因ンになるために、20代後半以降は予防や対策に対して心がけたい所です。

紫外線を浴びるとメラニンが増え、シミの原因ンになることがわかっています。

皆さん御存知の通り。シミが薄くしたいと思って美白化粧品でケアしている人も多いはずです。紫外線んい当たると、肌の中でメラニン色素が造られます。美白化粧品に配合されている美白成分はこのメラニン色素の酸性を抑制することがわかっています。

しかし、紫外線によってメラニンが過剰に体内に含まれることで、しみになってしまいます。

実は紫外線によって細胞のDNAが傷つき、そのダメージが蓄積されてしまうことで肌の構造そのものが編成してしまうことでシミの原因となってしまうわけです。ですから、残念ながらメラニンを減らすためのケアだけではシミは薄くなりません。

紫外線んいよって変化した肌の構造を完全んいもとに戻すことはできないので、日焼けしてメラニンが増えても後で美白化粧品で減らしておけば良いと思っている人がいるからです。

しかし、日頃から紫外線対策で肌をしっかりとガードすることで、お肌のケアに対しても予防につながることがわかっています。

それから、予防だけでは今まで悩んでいたシミを薄くすることができないために、トランサミンなどのクリームを使うことで、薄くしてくれることがわかっています。