「頬骨の上に茶色や赤みが合ったらこすっている証拠」
髪が頬に当たったり、コットンでゴシゴシとこすっていたりはしていないか?

スキンケアやメイクなどで肌を触りすぎることで摩擦による炎症性の染みができている人は案外多いと言われています。この摩擦性のシミが最も多く現れるのが目の下からほおにかけて逆三角形のゾーンに現れるシミです。

頬骨の上の高くなった部分に茶色いシミや赤みがアレばタオルで顔を拭くときなどに無意識にこすっている可能性があります。このような作業を行い、長く続けていると、シミが濃くなり、なかなか取れない原因となってしまいます。

そこで、目の下のシミを薄くするためめにトランサミンの有効成分であるトラネキサム酸による効果がきた息できます。ただし、成分だけにこだわるのではなく、他の対策を考えることも必要。

・スキンケアやメイク時にこすっていないか改める
・頬に当たる神は落ちないように留める
・目の下を拭うなど顔の触りグセを辞める

ほんの少しの心がけなんですが、シミなどをうまく予防することができます。

コットンで肌をこすったり、美顔ローラーやマッサージで強く刺激することで、たしかにメリットはありますが、逆にしみになるおそれもあります。

できることなら、お肌を触る回数を減らす、力加減を弱くすることなど、少しのことなんですが、意識することが重要になります。

たとえば、洗顔を1つとっても男性のようなワイルドのように手で顔をゴシゴシとこすっていると、シミや肌荒れの原因になってしまいます。

最初に、ぬるま湯で顔全体をあらい、毛穴を広げてから、手で肌をこするように洗います。10~15回ほど、ぬるま湯で優しく流すことで、ある程度の汗やホコリなどの汚れや皮脂を流すことができます。

1日に2~3回も洗顔をする人がいますが、基本的には一回で構いません。

あくまでも洗顔を行うのは、毛穴に詰まっている余分な皮脂を落とすためで、石鹸や洗顔料を利用し行います。

洗顔を行う時は、手で顔を洗うのではなく、泡で洗うことを意識して、優しく洗うことが重要になります。一通り洗いあげたら、今度はぬるま湯でしっかり洗い流します。

毎日のように積み重ねていくことで、無駄な汚れを落とし、お肌を整えることができます。